• アカデミスト株式会社

【2018年4月・CF勉強会】academist勉強会、始めました。

2018年4月から、毎週土曜の13:00〜14:00に東京・虎ノ門のオフィスにて、 クラウドファンディングの勉強会を開催しています。勉強会では、academistの挑戦にあたって実際に発生する作業について、またどのような効果が見込めるのかということについて、スタッフからご説明させていただきます。ざっくばらんに質疑応答ができるよう、数名ほどの少人数で行なっています。


勉強会の開催に至った理由


ここ数年で、研究費をクラウドファンディングで募る取り組みが一般的になってきており、それに伴いさまざまな分野の研究者・大学院生のみなさまからお問い合わせをいただくことが増えてきました。このブログでも【How to academist】としてチャレンジの進め方を紹介していますが、「実際に会ってまとめて話を聞きたい」、「どんなスタッフにサポートしてもらえるのか気になる」などというご意見を多数いただき、直接会って話す機会も大切にしたいという想いから勉強会を始めました。


4月の開催概要


2018年4月には合計4回の勉強会を開催し、12名の方にご参加いただきました。多く出た質問とそれに対する回答を以下にまとめておきます。


* * *

——チャレンジャーは個人か。企業でも大丈夫か。


数名の共同研究の場合や、組織(学会、センター、研究室など)のチャレンジ例もあります。もちろん、企業の方でもチャレンジ可能です。


——研究成果はいつまでに出さないといけないか。


時間の制約はありません。ただし、サポーターの方の想いに応えるためにも、研究が思うように進まない場合には、現在の進捗状況についてacademistのWebサイトで報告することを推奨しています。


——お金の使い道に制限はあるか。科研費の補助的な用途でも良いのか。


制限はありません。また、他の研究費(科研費を含む)の補助的な使い方も可能です。用途は自由ですが、プロジェクトページで何にお金を使うのかを明記していただきます。一方で研究の進捗によって「別のものに使うともっと研究を進められるかも……」といった状況もあり得るかと思います。その場合には当初に予定していなかったものにお金を使うことも可能ですが、その旨academistのWebサイトで報告することを推奨しています。


——複数回のチャレンジは可能か。


可能です。


——将来的に起業を目指したチャレンジも可能か。


可能です。クラウドファンディングは資金調達だけでなくアウトリーチ(情報発信)の側面があるので、起業を志向する研究者にとって絶好の機会になると思います。


* * *


アカデミストでは今後も定期的に勉強会を開催する予定です。ぜひお気軽にご参加ください!

【参加登録はこちら】


© academist, Inc.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン