• アカデミスト株式会社

【How to academist 4-1】CF終了後に行うこと - サイエンスカフェ開催編

academistでは、サポーターの方々と双方向的な情報交換ができるように、サポーター対象の「サイエンスカフェ(研究報告会などと呼ぶこともあります)」をクラウドファンディング(CF)のリターンに設定していただくことがあります。今回は、サイエンスカフェの開催方法について、説明していきます。


プロジェクトページ準備編


CFのリターンとしてサイエンスカフェを設定したい場合は、プロジェクトページ制作の段階でリターン紹介文に、開催日時・場所を記載します。たとえば、「2018年4月14日(土)の午後に早稲田大学早稲田キャンパスにて開催予定です。私の研究内容や、系統樹マンダラ【カメ編】制作の裏話を聞ける機会となりますので、ぜひご応募ください!」というような形です。


(参考URL)https://academist-cf.com/projects/57


日時は明確にしたほうがよいですが、その段階で決めきれない場合には、「2018年6月の土曜午後」というような形で記載します。会場は、チャレンジャーの所属大学・研究機関で行ったり、カフェを貸し切ったりする場合があります。会場にお悩みの場合は、academistスタッフにご相談ください。


サイエンスカフェ準備編


プロジェクト終了後、academistスタッフから該当するサポーターの方々に、当日の集合場所などを記載したリマインダーメールを送ります。チャレンジャーの皆さんには、当日の発表資料をご準備いただきます。


発表内容は、なぜこの研究をスタートしたのか、研究のおもしろい部分はどのようなところなのか、今回のacademist研究費をどのように使ったのか、これからどのようなことを明らかにしていきたいのか……といった内容を含んだ形でお願いいたします。チャレンジャーのみなさんが感じる研究の魅力を存分に語ってください! 当日は、合計2時間(発表45分程度+質疑応答45分程度+準備・片付け・予備時間等)を想定していただくとよいと思います。


サイエンスカフェ当日編


当日は、 academistスタッフが受付・動画撮影サポート等(東京都内の場合に限る)を行います。プロジェクトページには書ききれなかった研究の魅力を、思う存分に語っていただき、議論を深めてください!


サイエンスカフェ終了後


サポーターの方々に連絡が必要なこと(当日の資料配布、動画URLの送付など)がありましたら、academistスタッフからサポーターの方々に連絡いたします。


おわりに


今回は、サイエンスカフェ開催の進めかたについてご紹介してきました。サポーターの方にとっては、普段会うことのない研究者とじっくり話せるまたとない機会、チャレンジャーの方にとっては、支援してくださったサポーターの方に直接会ってお礼を言うことができる機会となります。CFリターンの候補として、サイエンスカフェの開催をぜひ検討してみてください。


© academist, Inc.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン