Open academia,
Make innovative world.

Mission - アカデミストの使命- 
研究者がいきる、私たちがつなぐ。

私たちの社会生活や産業活動の土台となっている「知」。これを支えるのが、学術業界の研究者たちです。予測不可能で変化の激しい時代においては、学術業界の「知」を新たな価値創造へとつなげ、社会に還元することがより一層求められています。

 

アカデミストが実現したいのは、研究者が「いきている」社会です。研究者が「いきる」ために、国だけではなく、民間企業、財団、個人などさまざまなパトロネッジが可能となる仕組みをつくり、彼らの「知」をすべてのステークホルダーとつないでいく。アカデミストはさまざまな角度から、「研究者をつなぐ」事業を展開します。

Vision - アカデミストが目指す未来- 
開かれた学術業界を実現し、未来社会の創造に貢献する。

アカデミストは、「開かれた学術業界」を理想としています。現在の学術業界は閉鎖的な面も多く、研究者、そして研究者から生まれる「知」の価値を十分にいかしきれていない状況にあります。学術業界があらゆるステークホルダーとのつながりを深め、開かれたものになることで、これまで思いもよらなかったような出会いが生まれ、イノベーションにつながっていく——アカデミストは、そうした循環をつくり育てるというムーブメントの中心となることで、新たな価値、ひいては未来社会の創造に貢献していきたいと考えています。

Values - アカデミストが約束する価値観-

All for One

 

アカデミストは、「開かれた学術業界」の実現に向けたムーブメントをより大きなものしていくために集まったチームです。メンバー1人1人が、チームの成功に向けて自身のスキル・経験・能力をどういかし、何をするか主体的に考え、個人の力を掛け合わせパフォーマンスを発揮していきます。

Openness

 

「開かれた学術業界」を実現するには、研究者だけでなく私たち自身が社内外の人々や組織とコラボレーションして「開かれた」状態になっていくことが欠かせません。オープンマインドをもって誠実かつ透明性の高い議論を重ね、すべてのステークホルダーとの信頼関係を築きながら、新たな価値創造へとつなげていきます。

0 to 1

 

日本の学術業界には、古い慣習や価値観が根強く残ります。しかし、私たちが目指すのは「開かれた学術業界」というまったく新しい世界です。0から1の価値を生み出すため、常識や前例にとらわれず、常にゼロベースで思考し、これからの学術業界、ひいては未来社会のあるべき姿を探求していきます。

 

Culture - アカデミストメンバーが大切にする文化- 

 

1. 主体的にチャレンジする

待ちの姿勢でいるのではなく、未知の世界に挑戦する意志と行動力を持ち、常に「できる理由」を考えます。

2. すべてを説明可能な状態にする

あらゆる業務で5W1Hを論理的かつ明確に説明できる状態にして相手に伝えます。曖昧だったりわからなかったりするときも、そうした状態であることを明確に説明します。

3. ドキュメントからはじめる

勤務形態・場所が多様な社内メンバーやカルチャーが異なるステークホルダーと円滑かつ効率的に仕事を進めるため、テキストやドキュメントによって非同期コミュニケーションの質を向上させます。

4. すぐ対応、すぐ相談

行き詰まってしまったら、1人で抱え込まずにすぐ相談します。また、相談や問い合わせを持ちかけられた場合は、それに快く対応します。

5. 掛け算のコラボレーション

1+1が10にも100にもなるようなイノベーションを生み出すために、社内外のステークホルダーをパートナーとして捉え、リスペクトを持ってコラボレーションを進めます。

6. 喜ばれる仕事をする

常に目の前やその先にいるステークホルダーを意識し、相手に喜ばれるようなアウトプットを出していきます。目先の自己利益や欲望に従った行動は推奨されません。

7. 元気・前向き・楽観的

悲観的・批判的にならず、楽しみながら粘り強く活動を続けていきます。

 
会社概要

社名:アカデミスト株式会社

代表者: 柴藤亮介

設立:2013年4月17日

所在地:〒169-0072 東京都新宿区大久保2-10-2 山崎ビル202 

事業内容:

 1. 人材育成のための教育事業

 2. 教職員の教育機関への派遣業務

 3. 学術系クラウドファンディングサイトの運営

 4. 学術系メディアの運営

 5. 大学・研究機関の寄付金獲得代行事業

 6. 大学・研究機関の広報代行事業

 7. 前各号に付帯する一切の事業

PC_aca.jpg