© academist, Inc.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン

Open academia,

Create future society.

Mission
研究者がいきる、
私たちがつなぐ。
実現したいのは、研究者と研究がその魅力を十分に発揮できる社会。それは研究者が「いきている」社会であり、その土壌をつくるために私たちはアカデミストを設立しました。

研究者が「いきる」ために、研究者や研究を人々に広く伝え、その研究者を応援する人や、ある研究の力を借りたい人と彼らをつないでいく。アカデミストはさまざまな角度から、「研究者をつなぐ」事業を展開します。
 
Vision
開かれた学術業界を実現し、
未来社会の創造に貢献する。

いつの時代も、研究者は未知に挑み、人類の発展に貢献してきました。まだ誰も解明していない謎を追う人。社会課題の解決に努める人。いつ、何の役に立つかがわからなくても、未来へより多くのものを託そうとする人。彼らの人生をかけた挑戦の積み重ねの先に、今の私たちの生活があります。言い換えれば、研究者は人間の住む社会の進化を主導し、創り上げてきた先駆者です。

一方で日本では現在、科学技術関係予算の過度な「選択と集中」や運営費交付金の減少などが原因で、研究者は知的好奇心をもとにした基礎研究を行いづらい状況にあり、それゆえ、イノベーションの芽を育てるための学問の土壌が崩れつつあります。

私たちアカデミストは、国だけではなく、国と民間企業、財団、個人などさまざまなパトロネッジが実現する仕組みをつくることで「開かれた学術業界」を実現し、未来社会の基盤を構築してきた研究者たちが最大限活躍できる世の中を目指していきます。

アカデミストの大原則
 
ミッション・ビジョン至上主義
 

アカデミストは、ミッション・ビジョンの達成に向けたムーブメントを起こすために集まったチームです。メンバー1人1人が自身のスキル・経験・能力をいかして日本の学術業界をより良いものにしていきたいという思いを持ち、アカデミストのチームメンバーとして主体的・自律的にアクションを起こしていきます。

Values

 

1. 主体的にチャレンジしよう

 

私たちは、「開かれた学術業界」という新しいアカデミアのあり方を提示したいと考えています。そのためには、待ちの姿勢でいるのではなく、未知の世界に挑戦する意志と行動力が必要です。メンバー1人1人がミッション・ビジョンの達成に向けて何ができるか主体的に考え、探究心を持ってチャレンジしていきます。

2. リスペクト、オープンマインド、そしてコラボレーション

「開かれた学術業界」を実現するには、研究者だけでなく私たち自身が社内外の人々や組織とコラボレーションして開かれた状態になっていくことが欠かせないと考えています。リスペクトとオープンマインドをもって適切な議論を重ね、周囲の人々を巻き込みながら、アカデミストというムーブメントをより大きいものにしていきます。

3. 元気・前向き・楽観的

古い慣習や価値観が根強く残る日本の学術業界を変えていくことはそう簡単ではなく、私たちが掲げるビジョンは短期間で簡単に実現できるものではありません。学術業界ひいては日本社会に変革を起こすために粘り強く活動を続けていくべく、悲観的・批判的にならず、元気・前向き・楽観的に物事を考えて、楽しみながら仕事に取り組んでいきます。

​コアメンバー
柴藤 亮介
Ryosuke SHIBATO

代表取締役 CEO

首都大学東京大学院 博士後期課程単位取得退学。大学院時代は、ボース・フェルミ混合気体の理論研究を進めながら、私立中学・高等学校にて非常勤講師として勤務。その過程で、学校の閉鎖性に問題を感じ、2013年に株式会社エデュケーショナル・デザインを創業。研究者の魅力を中高生に伝えるためのマッチング事業を行った。2014年には、研究者が研究アイデアを幅広く伝えることで、研究活動の自由度を拡げることを目指した「academist」を公開。4年間で合計300名以上の研究者に研究ヒヤリングを行い、約100件の研究プロジェクト立案・コンテンツ作成に携わる。

大塚 美穂  
Miho OTSUKA

取締役 COO

お茶の水女子大学大学院 博士後期課程修了。博士(理学)。大学では量子化学を専門として研究に従事。大学での研究生活やフランス留学をとおして、日本の研究者が置かれている研究環境に課題を感じ、2016年4月に文部科学省に入省。健康・医療・ライフサイエンス分野の予算編成など、当該分野の基礎研究の振興に携わる。その中で、好奇心を拠り所とする学問の世界において、研究活動が国の予算に左右される現在の仕組みには限界があることを実感。社会全体で学問を支え、味わう仕組みをつくるべく、2018年4月にアカデミストの取締役COOに就任。

森川 公康
Kimiyasu MORIKAWA

CTO

幼少期を香港・アメリカにて過ごしたのち、早稲田大学政治経済学部卒。学生時代に数々のベンチャー企業でWebエンジニアとしての経験を積み、個人でも複数のサービスをリリース。各種公開データのスクレイピングにより得られた膨大なデータを経済学的な手法により解析するという、Web技術を駆使する形で卒業論文を執筆。卒業後は日系シンクタンク企業にて約3年勤務し、独立。現在は複数のベンチャーにて技術開発を担う。アカデミストには2016年9月から参画。

周藤 瞳美 
Hitomi SUTO

CCO

お茶の水女子大学大学院博士前期課程修了。修士(理学)。出版社でIT関連の書籍編集に携わった後、Webニュース媒体の編集記者として取材・執筆・編集業務に従事。2017年に独立。現在は、科学・技術、IT、ビジネス分野を中心に取材・執筆活動を行う。アカデミストでは「academist Journal」の編集長としてWebメディアの運営に携わっているほか、クラウドファンディングのプロジェクトページやSNS投稿などコンテンツ制作全般をサポート。学生時代の専門は、計算化学、量子化学。

 
会社概要

社名:アカデミスト株式会社

代表者: 柴藤亮介

設立:2013年4月17日

所在地:〒169-0072 東京都新宿区大久保2-10-2 山崎ビル202 

事業内容:学術系クラウドファンディングサイトおよび学術系メディアの運営

PC_aca.jpg